ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
勝負事の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草のお浸し、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


時節柄、白菜が野菜の主になっていることは否めない。それでも昼食に茹で人参&茹でブロッコリを入れているおかげで、4種類の野菜を摂取できている。目標の7種類/日にはあと3種類の野菜を摂取しなければならない。困ったことである。
先日食事をご一緒した人から、ベジタリアンかと尋ねられた。もちろん、否、で、ある。
ベジタリアン、と、ひとくちに云っても、その内容は様々で、とあるサイトの記事によると、爛咫璽ン(植物性食品のみを食べる)、ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
、ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)、ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)、上記の他にも多くのカテゴリーに分類されています瓩箸里海箸任△襦ややこしいものだ。本人の主義を否定するつもりはさらさらないが、一緒に食事したくはない人たちである。
宗教上の理由で特定の食材を使用した料理を忌避している人たちも同様である。
主義や信仰を否定するつもりはない。ならばそれらの人たちも、犲腟舛篆仰に基づく理由によって、特定の食材を使用した料理を忌避する人たちとは食卓を同じゅうしない瓩髪召Δ錣燭い亮腟舛鯣歡蠅靴覆い任い燭世たいものである。
まさかとは思うが、自分の主義や信仰は尊重せよ、しかし君の主義や信仰は認めない、などと云うお方は、いらっしゃいますまいね?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:33 | - | - |
勝負事の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


さばの酢漬けは昨年末のヒット賞! であった。手軽で簡便で味が好く、優れた栄養価があってしかも廉価である。
今回は近所のスーパーで購入したのだが、4切で378円(税抜)なのだから、1切=94円50銭(税抜)と、鰯や秋刀魚と同じく、すこぶるお廉い。さすが狢臀圧瓩量召肪僂犬覆い値打ちである。最近は狢臀悪瓩量召肪僂犬訖祐屬里曚Δ多いが、少しはこれらの魚を見習ってもらいたいものである。
さばは近頃注目されだした(それゆえに或る意味タチの悪い)EPAやDHAを豊富に含み、ビタミン類やミネラルも豊富である。魚ならではの優良な脂質とタンパク質にも恵まれている。
昨年など、なんのTV番組で放映されたのだろうか、スーパーの棚からサバ缶がなくなったことがあり、それ自体がニュースになったものである。TV番犇鮓瓩髪召Δらいだから無理もないかもしれないが、はなはだ傍迷惑である。バカぐらい誰にも迷惑かけずに晒しようがあろうと思うのだが、現今ではそうもいかないものらしい。
TV関係者はそれが仕事だからやむを得ないかもしれないが、だったらなるべく、人に迷惑をかけないようなことを垂れ流してほしいものである。例えば、「駅前の広場を掃除すると、65歳になってからの認知症の発症率が27%減少する」とか、「交通遺児の進学基金に飲み代2回分以上の寄附をすると内臓脂肪が35%減少する」とか、「歩きスマホをやめただけで、1ヶ月で8Kgの減量に成功しました!」とか。そのほうがなんぼか、世間のためになると思うのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:31 | - | - |
勝負事の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狆”藥の日瓩任△襦
と、記せば、賭け事のお好きな方なら、ははぁ〜なるほど、と、合点してくださることだろう。
そう燹岼譴八かの勝負」から疚震召気譴燭里世修Δ任△襦(「今日は何の日〜毎日が記念日〜」より)
昔から爐気鵑世虍冉梱瓩覆匹髪召辰董男性の道楽として欠かせない(?)のは牋む、打つ、買う瓩函定まっていたものであるが、とりわけ我が国においてはこれらの道楽が禁止廃絶されるどころか、表面上はともあれ、実生活においては、「いい若い者が道楽の一つもせんようで一人前になれるか」などと怒られていた───「いる」?───のだから、なんとも平和なものである。
だからこそ、表向きは、バクチなんぞもってのほか、賭け事まかりならん、などと道学者のようなことを云っておきながら、カジノ誘致に血道をあげ、謝礼金御礼金仲介料や紹介料、陣中見舞いなどを頂戴しようと云うセンセイ方が選出なされるのであろう。
いやはや、愛国心に満ちたことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
さんだら煩悩ともカジノ誘致とも、まったく一切金輪際縁のない、いたって清廉潔白、白きも白き富士の白雪の如き、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:29 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS