ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
D・W・グリフィス監督の誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、ぬた、木綿奴、納豆、味付海苔


以前にも記したが、わたいのいわゆる爐未伸瓩蓮△垢覆錣銑倏鯒の酢味噌和え瓩任△襦G鯒のアリシンと酢のクエン酸回路が相まって食欲をそそり、エネルギィ代謝をよくしてくれる。
米に麦(ビタヴァレー)を混ぜて麦飯としているわたいとしては、ビタヴァレーに含有されているビタミンB1を円滑に吸収してくれる、心強い味方、なのである。
また、味噌が世界に誇る発酵食品であることは、いまさらここに喋々するまでもない。東洋の発酵食品は、チーズやヨーグルトなどと違って、栄養があるだけでなく、保存が利き、しかも様々な料理に応用できる。とりわけ味噌は、味噌汁はもちろんのこと、酢味噌和え、みそ焼き、田楽、からし味噌、肉味噌、等々、挙げていけば限がない。漬物とて同様である。
日本の発酵食品はほとんどが植物性食品なので、非常に健康によろしい。ピクルスやマリネよりも漬物や酢の物を、ポタージュやスープよりも味噌汁や粕汁を、積極に摂取するべきである……などと記しているわりには、ツナと白菜のスープ煮が献立にあがっているが、それはそれ、で、ある。
今回白菜を大きめに切り、弱火〜とろ火でクタクタになるまでじっくりと煮込んだ。大きめに切ってあるので、トロトロにはなるが、食物繊維だけにはならない。白菜の旨味が充分に出て、身体も温まる、重宝な献立である。いくらわたいとて、なにがなんでも西洋風のものを拒絶する、と、云うわけではないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
D・W・グリフィス監督の誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、かぼちゃの煮物


エビス南瓜でも、くり南瓜でもない、メキシコ産の南瓜であるにもかかわらず、これが結構おいしい。長年の味付修行における修練の結果である、と、云いたいところだが、残念ながら、まだまだその域には達していない。単に素材がよかった、と、云うだけの話であろう。
例によって日曜に料理り、冷蔵庫で保存し、当日の朝に電子レンジで温めなおして持っていくのだが、それでもほくほくした甘味があって、温かく感じるのだから不思議である。
鰯の生姜煮も、味付けに失敗しなくなった。潰した梅干、あるいはチューヴの梅肉を入れるのがコツのようである。
今回の鰯は大ぶりで、そのぶん数が少なかったが、そこはそれ、骨がしっかり食べられるから、カルシウムの摂取にはよろしかろう。鰯、鯖、鰺、秋刀魚、これらは栄養価高く、味わいよろしく、お値段お廉い、まさに狢臀圧瓩任△襦
もっとも、明石のさんまは、あらゆるイミで爐高い瓩修Δ任△襪……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
D・W・グリフィス監督の誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は映画監督 D・W・グリフィス氏の誕生日である。
映ちゃんによると、 D・W・グリフィス氏は牘撚茲良祗瓩箸盡討屬戮人物で、彼によって現在の映画の基礎が築かれたのだそうである。
現在当たり前のように使用されている撮影や編集の諸技術───牋榮飴1董▲侫薀奪轡絅丱奪、フェードイン・アウト、アイリスイン・アウト、ポイントオブビュー(主観の切り換え)、イマジナリーラインなど瓩竜史,鮴犬濬个靴燭蝓↓牋譴弔離掘璽鵑鬟蹈鵐哀轡腑奪函▲潺疋襯轡腑奪函▲ローズアップといった違うショットサイズで撮影したのもグリフィスの功績である瓩蕕靴ぁWikipedia/「D・W・グリフィス」より)。
「西部劇の神様」と呼ばれるジョン・フォード監督も、「グリフィスは偉大な監督だ。彼がいなかったら我々はいまだ幼稚な域にとどまっていたに違いない」と、敬意を表している。
グリフィス監督の代表作としては『国民の創生』や『イントレランス』があるが、前者は165分、後者は180分の大長編である。当時としてはもちろん、現在の基準に照らし合わせてみても、超大作と呼ぶにふさわしい内容と長さを持った作品である。
グリフィス監督の下からは、エーリッヒ・フォン・シュトロハイム、ラオール・ウォルシュ、マック・セット、ライオネル・バリモア、ダグラス・フェアバンクス、メアリー・ピックフォードなど、映画史にその名を刻む人々───監督や脚本家、俳優など───が多く育ったが、わたい個人としては、リリアン・ギッシュ嬢が大のお気に入りである。
なお、1953年に全米監督協会は長年にわたり映画界に功績を残した監督を称えるD・W・グリフィス賞を創設したが、『國民の創生』が人種差別的な描写であることから、「映画界の開拓者として評価するも、白人優越主義は人種差別を増長させる」と協会がグリフィスを批判瓩掘△海里燭甅1999年にグリフィス賞は廃止された瓩修Δ任△襦この賞は、爛献腑鵝Ε侫ード、アルフレッド・ヒッチコック、黒澤明、フランシス・フォード・コッポラなど錚々たる監督たちが受賞した畍威ある賞だっただけに、残念な気がしないでもない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
映画監督にも撮影監督にも、スタッフにもキャストにも俳優にも、まったく縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS