ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
昭和最後の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、サバの素焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


今日の昼食は仕事の都合上外食となった。めずらしいことである。こんなことは年に10回とない。以前は昼食と云えば外食だったのだが、如何せん、近所の会社や事務所の勤め人たちが一勢に現出するので、なかなか落ち着いて食事することもできない。いかなる美味佳肴と云えども、慌ただしく食していては、なんにもならない。佳き料理はゆっくりと味わって食べてこそ、価値があるのである。せっかくの料理を立ち食いそばのように食していては、意味がない。
よく噛んで食べることは健康にもよろしい。と、云うより、よく噛んで食べるべきである、とさえ、云える。
噛むことによって食物を細断するとともに、唾液の分泌を促進して消化を助ける。唾液の分泌は消化を助けるにとどまらず、口中における細菌雑菌の繁殖を抑制して口中を清浄に保ち、口臭の悪化を防ぐ。さらに食物を嚥下しやすくし、誤嚥や嚥下力の低下をも予防する。
また、噛むことで顎の筋肉を鍛え、ひいては脳を刺激して活性化させる。すなわち、認知症の予防にも効果があるのである。
「顎の筋肉を鍛え」と記しても、この記事をお読みいただいている読者諸賢には、顎が張り、いわゆる狆顔瓩任覆なるのではないか、などと、愚かな懸念を示される向きは、よもおられないだろう。むしろ顎の筋肉が劣化して、下すぼまりの、往年のSF映画などに出てきていた宇宙人のような輪郭になることをこそ、恐れられるであろう。あるいは高齢者となったときに、衰えた顎の筋肉が下顎を支えきれなくなり、常時ポカンと口を開けたままの、間抜け顔になることをこそ、忌避されるであろう。
食物への感謝の意を示すのみならず、あらゆる面から考えて、食物はゆっくりと、よく噛んで、戴くべきなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:06 | - | - |
昭和最後の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1989年(昭和64年)の今日1月7日、第124代天皇である昭和天皇が崩御した。1926年以来の長きにわたった昭和の時代に終止符が打たれた日である。
平成が終わり、なにかと引き合いに出されるようになった昭和であるが、その初年は12月25日に始まり、末年は1月7日に終わった。
元号では64年となっているが、「実際の期間としては62年と14日」である(Wikipedia/「昭和」より)。
さらに「外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、清の康熙(61年)および乾隆(60年)しかない」のだそうである(同サイト/同項目より)。
あまりに長いため、昭和に生まれたわたいなどは、「昭和前期」と「昭和後期」、あるいは「昭和前期」、「昭和中期」、「昭和後期」に区分してほしい、と、思うことしばしばである。
特に、戦前も戦後も一括して「昭和」で表すには、あまりにも無理があろう。
金融恐慌に始まり、第2次大戦における敗北、連合軍による占領統治とそれからの独立を経て、高度経済成長を現出し、石油危機(オイルショック)を乗り切り、バブル景気で終わった昭和……なるほど、犒稙阿両赦足瓩任△襦
その犒稙阿両赦足瓩、いまいちど、冷静客観な眼で振り返られるのはありがたいことである。令和を生きる若人たちも、きっと貴重な示唆が得られることであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
昭和が長かろうが短かろうが、激動であろうが平静であろうが、令和を生きる若人たちが示唆を得ようが得まいが、そんなこととはまったく一切これっぽっちも関係のない、いたって浮世離れした、非歴史な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS